プレゼントキャンペーン
  お薦めのお店  

あの希少な台湾の珈琲が飲めるお店!! 本イベントでは全国40店舗のコーヒー店にて計13種類の台湾の珈琲をご提供。各店で取扱いのある豆の銘柄情報をCheckしてみてください!数量限定なのでぜひこの機会をお見逃しなく!※豆の販売のみの店舗もあり

お薦め農園
  紹介記事  
  • 影片區塊

    《初めての珈琲》映画紹介

    日本人の老紳士藤井は「思い出のコーヒー」の為に海を渡り、台湾へとやってきた。 藤井は日本のバリスタ、夏雪の祖父であり、夏雪は台湾のバリスタ王策とのコーヒーセミナーに出席するために藤井と共に台湾にやってきた。だが、夏雪のこの旅の目的は、台湾生まれの祖父の願いを叶えることであった。 藤井は子供の頃に片思いをしていた台湾人の女の子を探し出し、また彼女の淹れてくれたコーヒーを飲みたいと思っていた。

    もっと見る
  • 台灣咖啡歷史區塊_圖南

    台湾コーヒーの歴史紹介

    19世紀は台湾コーヒーのはじめての黄金時代でした。 1902年、日本統治時代の台湾総督府は、雲林県、嘉義県、台湾東部等でコーヒー栽培のテストを開始しました。当時、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の3大品種のコーヒーが栽培され、それ以来、台湾はコーヒーの産地となりました。 10年後、台北新公園に一軒目のカフェ「公園獅咖啡館」がオープンしました。カフェの中に座り、台湾で作られた台湾コーヒーを注文する。

    もっと見る
  • 咖啡豆

    専門家の声

    もし世界にある土地があれば、コーヒーのサードウェーブを起こす事ができます。プレミアムコーヒー業者が優れた風味、品質を追求するにあたって、この麗しき島、台湾は、全世界で最も適した場所です。 島国では、勤勉で優秀なコーヒー農家が専門的なスキルと情熱を力の限り用い、市場への好奇心を持って、栽培品種から、挿し木と接ぎ木、整枝し、採集、選別、加工と発酵に至るまで、

    もっと見る
  外部リンク  
TOP