• 専門家の声

  • 林哲豪
    • ●現職
      台灣咖啡研究室計画責任者
      C³offee 咖啡誌オーナー
      ●ライセンス
      SCAJアドバンスド・コーヒーマイスター(海外2人の1人)
      SCAA Coffee Taster Level 1, Level 2 Pathway Certificate
      SCAA Roaster Level 1 Pathway Certificate
      CQI Q Arabica Grader Certificate
      CQI Q Robusta Grader Certificate
      CQI Q Processing Professional Certificate

      もし世界にある土地があれば、コーヒーのサードウェーブを起こす事ができます。プレミアムコーヒー業者が優れた風味、品質を追求するにあたって、この麗しき島、台湾は、全世界で最も適した場所です。
      島国では、勤勉で優秀なコーヒー農家が専門的なスキルと情熱を力の限り用い、市場への好奇心を持って、栽培品種から、挿し木と接ぎ木、整枝し、採集、選別、加工と発酵に至るまで、すべてのステップで大変な苦労と努力を要し、数え切れないほどの実験とテストを行ってきました。
      台湾は世界で最もコーヒー文化の密度が高い場所です。消費者文化の成熟、発展し、荘園と大都市圏の距離が近くなっています。バリスタ、ロースター、カップテスターが自発的に農地に足を踏み入れています。過去には、大都市圏のコーヒーの人々とコーヒー農園は、2つの平行線でしたが、今では切り離せない程完璧に融合しており、農家は品質を無限に追求しています。
      世界がこれまでに味わったことのない山の頂きの味を飲むことができるだけでなく、山林の中で満ちていた、これまでにない全く新しい風土を味わうことができることを誇りに思います。 ぜひ味わってみてください。

  • 近藤啓
    • ●現職
      いつか珈琲屋代表兼ロースター
      ●受賞歴
      2016年JCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ)優勝
      2017年WCRC(ワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ)第7位
      2017年JBrC(ジャパンブリュワーズカップ)セミファイナリスト

      台湾コーヒーの魅力の一つに多様な味わいがあります。
      とても滑らかでティーライクなものから、花のような香りが広がるもの、瑞々しい柑橘を思わせるジューシーなものなど農園や精製方法ごとに様々です。
      いつか珈琲屋では昨年南投県の花音農園のコーヒーを販売しましたが、そのフルーティーで華やかな味わいが人気で販売終了からかなり時間のたっても再販を求める声が絶えない状況です。
      また、私はここ数年幸運にも続けて台湾コーヒーを味わう機会に恵まれてきましたが、その数年だけでも驚くほど品質が向上していて、これからがとても楽しみです。
      台湾は日本から近いコーヒー産地ですが、こんなに魅力的なコーヒーが作られていることはまだよく知られていません。
      ぜひ多くの皆様に味わい豊かな台湾のコーヒーを体験していただきたいと思います。

  • 仲村良行
    • ●現職
      豆ポレポレ 代表取締役
      ●受賞歴
      SCAA/CQI認定Qグレーダー
      JCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ) 2017 優勝
      JCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ) 2018 4位
      WCRC(ワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ) 2018 準優勝

      沖縄から近い台湾。気候や食もどこか沖縄と似ていて、親近感を感じます。
      そんな台湾の珈琲を今回、13種類テイストする機会に恵まれました。どの農園の珈琲もはっきりと個性を感じる事ができ、とても驚きました。
      品種由来による個性や精製方法による個性。
      台湾の自然から恩恵を預り育った珈琲の木が生産者によって丁寧に精製され乾燥している事がテイストから伝わってきます。
      日本から近い台湾。新しい珈琲産地として、ぜひ体験してほしいです。
      いつか、訪問できるのを楽しみにしています。

  • 河合祐哉
    • ●現職
      GOLPIE COFFEE(株式会社 松屋コーヒー部)代表取締役・焙煎士
      ●受賞歴
      日本スペシャルティコーヒー協会 ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ2015優勝

      日本とも親交の深い台湾の珈琲。
      古くからコーヒーの生産国ということは知ってはいたものの、今回初めて台湾のコーヒーを口にしました。
      伝統的なアジアンテイストのコーヒーから、コーヒー先進国のスペシャルティコーヒーに引けを取らないトップ・オブ・トップのコーヒーまで、台湾珈琲の多様性にとても驚いています。
      台湾のスペシャルティコーヒー生産国としての歴史はまだ始まったばかりで、今後もさらなる品質の向上が期待されるでしょう。
      風味の美味しさや台湾珈琲のストーリーにも思いを馳せながら、海の向こうの親友「台湾」のコーヒー生産国としての成功を応援しています。

  • 田村英治
    • ●現職
      株式会社 RUINS  代表取締役
      TSUKIKOYA COFFEE ROASTER ロースター
      ●受賞歴
      2007年から2018年 UCCマスターズ全国大会決勝進出5回
      2014年JCRCファイナル出場
      2016年VEST OF YUNNAN インターナショナルジャッジ
      2017年CENTRAL TAIWAN COFFEE EVOLUTION ジャッジ

      台湾産コーヒー生豆の魅力は、台湾茶のような独特な甘みとフローラルです。台湾は高温多湿で雨の好きなコーヒーの苗にとって最高のテロワールとなっています。またスコールが多いにもかかわらず、乾燥工程は素早く丁寧に仕上げられている生豆が多く、スパイシーなどは殆ど感じず、太い甘みでクリンカップな生豆が多いのは台湾の人の類稀な真面目さと向上心が作り上げている様に見受けられます。マンゴー、ピーチ、ストロベリー、ブルーベリーなど世界中何処の産地にも引けを取らない太く明るくジューシーな味わいに台湾茶の甘みとフローラルが相まってとてもクオリティーの高いコーヒーです。

  • 戻る
TOP