• 台湾コーヒーの歴史紹介

  • 19世紀は台湾コーヒーのはじめての黄金時代でした。

    1902年、日本統治時代の台湾総督府は、雲林県、嘉義県、台湾東部等でコーヒー栽培のテストを開始しました。当時、アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の3大品種のコーヒーが栽培され、それ以来、台湾はコーヒーの産地となりました。

    10年後、台北新公園に一軒目のカフェ「公園獅咖啡館」がオープンしました。カフェの中に座り、台湾で作られた台湾コーヒーを注文する。とってもオシャレな姿が想像できるでしょう。

    1945年までに、台湾のコーヒー生産量は967ヘクタールに達しました。これは、台湾の歴史上最高のコーヒー生産量であり、台湾のコーヒーの全盛期でもありました。

    第二次世界大戦の終わりとともに、台湾のコーヒーは暗黒時代に入りました。1981年には、雲林の古坑コーヒーの作付面積はわずか1.7ヘクタールしか残っていませんでした。

    1999年の「921大地震」は台湾中部に深刻な打撃を与えましたが、それは台湾コーヒーに一筋の命の光をもたらしました。土地を復活させるため、台湾水保局は当地の水と土壌の整地を始め、地方自治体と協力してコーヒー豆の栽培を普及し、農家に事業の転業を助言し、観光用のコーヒー農園を発展させました。

    雲林県古坑の住民は、このコーヒー復活の波に加わり、「台湾コーヒー」の誇りを取り戻すために一生懸命働きました。誰もが古坑の名を聞けば、すぐにコーヒーを思い浮かべます。 また、嘉義の阿里山も台湾のもう一つの重要なコーヒーの生産地域です。日本統治時代、コーヒーの生産地域は嘉義と台東で広められました。阿里山では標高900〜1800メートルに植えられ、標高が高く、気候の温度差も大きいため、コーヒー豆の風味は更に芳醇となっています。生産量が少ないため、精密な焙煎ができ、沢山生産することが可能となったプレミアムコーヒーは市場で最もホットな宝物となっています。

    雲林と嘉義を除いて、2000年頃、台湾のさまざまな場所でコーヒーの栽培が始まりました。台湾の南投國姓惠蓀、屏東泰武、花蓮舞鶴等では、この小さく鮮やかな赤い果実がいたるところで見られます。

    2003年には、政府とコーヒー生産者の努力は実を結びました。雲林県のコーヒー栽培面積は54ヘクタールに達し、水保局と古坑郷が共同で第1回台湾コーヒーフェスティバルを開催し、15万人もの観客を魅了しました。それ以来、台湾のコーヒー農家は国際化を続け、国内および国際的なコンテストで数々の賞を受賞しています。

    2021年、台湾コーヒーは皆様と共に2番目の黄金期の到来を告げます。 "

  • 戻る
TOP